乳幼児

男の子の前髪のおうちカットのコツと方法

子どもの髪の毛ってすぐ伸びてしまいますよね。。。

男の子ならなおさら短く切ってもすぐに伸びてしまい、前髪は目に入ったりします。

こうなると、周りの毛が大丈夫でも前髪を切らざるを得ません。

前髪のために美容院に行くのも迷うところ。

それなら家で切れればいいのですが、目立つ前髪、上手に切れるか心配になりますよね。。。

切りすぎて学校に行けなくなったと一度は誰しも聞いたことがあります。。。

そんな前髪のおうちカットですが、コツをつかんだら案外きれいに切れるようです。

おうちカットができるように前髪カットの仕方やコツを見ていこうと思います。

 

 

 

男の子の前髪のおうちカットで必要なもの

あると便利なものがたくさんありますが、最低限必要なものはこちら。

  • ハサミ
  • すきバサミ
  • ケープ(クロスなどでも)
  • 下に引くレジャーシートや新聞紙
  • DVDや動画、お菓子など気をそらすもの

後は、くしや切れない安全カミソリのフェザーレザーやクリップ、粘着テープなどがあると便利です。

セットで売っているものもあります。

 

 

ハサミ・すきバサミ

ハサミといっても、文具用のハサミではなくカット用のハサミを用意しましょう。

切れ味のいいものをご用意ください。

切れ味がイイと危ないと思いがちですが、時間勝負の子どもカット、切れ味が悪いと余計に時間がかかってしまったり、思うように切れず失敗のもとになります。

100円均一にもあり、切れ味も悪くないということですので一度試してみても良いかもしれません。

 

 

下に引くレジャーシートや新聞紙

髪の毛を切るときに下に引いておくとすぐに掃除ができるのであるといいでしょう。

レジャーシートでも新聞紙でもどちらでもいいです。

 

 

 



気を紛らわすためのDVDや動画

すぐに動いてしまうのが子どもの特徴です。

素早く切れればいいですがなかなか難しいので、DVDや動画があるとそこに集中するので動きが少なくなるのであるといいですね。

また、いつもと違うと不安に感じる子やハサミに不安を感じる子もいるのであると気がまぎれるのでそういう子には用意をしてあげたほうがいいでしょう。

動画を見子ども

 

 

 

 

ケープ

ケープというと髪の毛が落ちてもいい様に首にまくものです。

なければクロスでも大丈夫。

かゆくなったり嫌がるようであれば、肌触りのいいタオルでも。

乳児は特に気になるようであれば、普段使ってるスタイでも。

 

 

 



くし(コーム)

くしで髪の毛をときつけることで、切りやすくなります。

プロ仕様なのにリーズナブルな価格のHongoがおすすめです。

 

 

クリップ(ダッカール)

髪の毛を止めるためのクリップです。

前髪と他の毛を分けるのに便利です。

 

 

 




 

粘着テープや掃除機

切った後の掃除にあると便利です。

 

 

コレは可愛い!男の子のおうちカットおすすめ品

 

種類は3種類。

男の子のアシンメトリー用カットはこちら。

 

 

 

男の子のおうちカットで前髪の注意点

  1. ハサミの扱い方に注意!
  2. 短時間で着るようにする
  3. 嫌がったらやめる
  4. 少しでも切れたら褒めてあげる

子どもは動いてしまうので、ハサミに当たらないよう十分注意して切りましょう。

子どもは集中していられないので短時間で切るようにして、嫌がったらやめるようにします。嫌がりながらしているとおうちカットは怖いもの、イヤなものだと思ってしまいます。

先にイメージトレーニングをしているとすぐに取り掛かれて短時間カットができます。迷いながら切ると時間がかかります。

少しでも切れたら『かっこよくなったね!おとなしく出来たね!』ってほめてあげると『またしてもいいかな。』って思えるようになります。

 

 

 



男の子のおうちカットで前髪の切り方のコツ

  • 少し長めに切る
  • ドライカットで切る

 

まずは長めに切る

前髪の失敗で怖いのが短すぎること。

だからまず、切りすぎないように目当ての長さよりも少し長めに切るのがコツです。

前髪をもって目当てのところまで指をもってきて指1本分多めに切ります。

それから全体を見ながら調整していきます。

 

ドライカットで切る

濡らすと髪の長さがわかりにくくなり短く切ってしまいがちです。

また濡らしてカットしてから乾かすと少し短くなります。

乾いた状態で切るドライカットできるのがコツです。

 

 

 




 

男の子のおうちカットで前髪の切り方

  1. 前髪(目の黒い部分か眉毛の端っこ位)をとる
  2. 前髪を人差し指と中指で挟んで床と並行になるくらいまで持ち上げてのカット。
  3. 髪の毛を指の真ん中のほうに寄せて切れば、自然な前髪に。
  4. 厚みがあるようであればすきバサミで何回かカット
  5. 切り残しがないかチェックして整えて完成!

カンタンに書いてありますが分かりにくいですね。

の切り方は、前髪を斜めして切れば斜めの前髪になるので、切りたい前身によって切り方が変わってきます。

 

男の子の前髪のおうちカット おすすめ動画

文字で読んでもなかなか分からないので動画で確認しましょう!

色々な前髪に挑戦できそうです。

 

 

 

 



前髪を失敗したときのお助け動画

前髪が失敗したときの動画がありました。

 

 

男の子の前髪のおうちカット まとめ

動画をみていると、アシメなどが流行っているので少しくらいいがんでもギザギザでも、気軽に切れるような気がしてきますね。

とにかく子どもの状態を見て、ササっと指で挟んで切るのがコツのような感じですね。

前髪が目に入っているのを発見したらぜひチャレンジしてみてください。