男の子

男の子がかかりやすい病気

特に男の子がかかりやすい病気です。

 

オスグッド・シュラッター病

発育期の10~15歳のスポーツする子どもに多く、

お皿の上の骨(脛骨結節)が突出してきていたがる病気です。

時には、赤くはれたり熱を持ったりします。

成長痛と呼ばれることも。

原因

ジャンプ動作での膝屈伸をしたときや、ダッシュやキック動作によってお皿の上の骨(脛骨結節部)が強く引っ張られ、はがれたりして、炎症を起こしたりして痛みが発生します。

 

起こりやすい年齢

特に男の子が多く、10~15歳の成長期の子どもが飛躍やボールをけるスポーツをし過ぎると発生します。

サッカー、バスケットボール、テニス、バレーなど、ジャンプしたり走ったりという脚を酷使するスポーツをしている子どもたちに多く見られます。

 

治療

とにかく休ませることが一番だといわれています。

痛みがなくなり、症状がなくなるまでといわれていますが、個人差があり、休んでいると収まっている症状もスポーツをすると痛くなることもあります。

痛みがおさまっていても、スポーツをする際は、ストレッチやマッサージ、ベルトの装着、アイスマッサージなどを入念にしてスポーツをされることをお勧めしています。